世帯での情報共有のしかた

家庭を支える技術 Advent Calendarに寄せて

f:id:hxmasaki:20161219182309j:plain

これは家庭を支える技術 Advent Calendar 2016の12月19日を担当する記事です。

2014年には新たな家庭を持った友人たちが書いているのを眺めていたところから2周遅れで不思議な気持ち。 他の方の記事を伺う限り、参加者層のバイアスがあれど、僕が使っている「家庭を支える技術」というものに該当しそうなツールもデバイスも特に真新しいことはなく、むしろこんなに当たり前な雰囲気でSlackやHueを使っている家庭があるのかと驚く。 どれもこれも全部書いてしまおうと当初は思っていたけれど、ひとつ、情報共有やコミュニケーションについて現状を書くことにした。

世帯内での情報共有とコミュニケーション

世帯を運用していく際に、導入すれば生活が便利になるであろうツールは山ほどあるのだけど、ツールのために生活を少し弄ることだけは可能な限り避けたいという気持ちが根底にある。世帯のそれぞれの人は僕にとってユーザであり、彼らが自然に使い続けられることに重きを置きたい。

アプリケーションのリストに世帯の運用由来で消すことが許されないアイコンが増えて続けてしまうのは嬉しくない。ルンバほどの存在でないツールには生活の何かを直接的に変えて欲しくない。

特に世帯内でのコミュニケーションや情報共有を取り扱う際には、うっかり色んなツールを重複した用途のために無理に選んでしまいがちになっていたのだが、やっと最近落ち着いた形を得られてきたので、その全体像と考察をこの記事では触れたいと思う。

情報のスピード感に合わせた3つのツール(サービス)

現在は、情報のスピード感に合わせて3つのツールに落ち着いてきた。

スピードが速い方から順に - LINE - Slack - esa という並びになる。

f:id:hxmasaki:20161219173332p:plain:w600

即時のレベルで反応が欲しく、その反応はしばらく後には必要ない性質を持てばLINEで行い、同期的な反応はほとんど求められず、発された情報が中長期的に記録されていることが望まれる性質を持てばesaに残す。これだけでは双方それぞれに不向きで間に落ちそうなものをSlackで受け止めるようにして、3つのツールを用いるようにしている。

何らかの組織やプロジェクトチームに於いてのコミュニケーションや情報共有についての文脈でいうストック情報とフロー情報という表現をされることがあるが、それに近い。表現の仕方だけの差異(情報が滞留する時間の長さを指しているのか、情報が通り過ぎるスピードを指しているのか)だけかもしれない。Information Architecture周りでの言及を探してみたが都合の良いものが見当たらず、用法として聞いた話を頭の中で勝手に解釈してしまっていた気がする。

それぞれのツールと具体的な利用シーンを以下紹介したい。前提として、現在はソフトウェアエンジニアの僕と、ウェブ系の(?)デザイナーである妻と二人だけがメンバーであることを念頭に置かれたい。

Read more
Remove all ads

Indiegogo, Inc.にSoftware Engineerとして入社した

f:id:hxmasaki:20161022223620j:plain

 8月の3週目にIndiegogoというサービスをやっているサンフランシスコの会社に入社して、ちょうど2ヶ月が過ぎた。

 オファーを得て以来しばらくは、仕事についていけずに早々にクビになってしまうのではないかという不安もあり、はしゃげる自信がなく、しれっとFacebookのステータスだけを変えておいて、1ヶ月を過ぎたところでその旨のポストをして、ようやく直近の間はやっていけそうな気になってきたのでこれを書いている。

会社のこと

  • 自分がユーザでかつ好きなサービスを運営していること
  • 自分の技術的なスキルセットが貢献し得ること(Ruby, Ruby on Railsや決済、DevOpsといったあたりでSoftware Engineer以上のポジションがあるか)
  • (スタートアップ過ぎないこと)

を条件にして応募した会社のうちのひとつだった。もちろんビザのサポートがそれ以前にある。

 応募に関して、多くケースは紹介や人材にまつわるサービスやリクルータやエージェントからのコンタクトなど採用をする側から連絡を得てから進めていたものの、ここは会社のページから真っ直ぐにレジュメを送ってオンサイトの面接まで進んだ唯一の会社でもあった。

https://www.instagram.com/p/5AXVLUrMP-/

 元々、2013年からIndiegogoを使う機会は度々あったものの、公開されているプロジェクト(プロダクト)が主眼でKickstarterと見分けることがなかったが、ちょうど気になっていたヨーヨーをつくるプロジェクトがIndiegogoでファンディングされるのだと知ったあたりからサービスを明確に認識していた。ユーザとしては割とぼちぼちバック(コントリビュート)をしている方に分類されるようだ。

 Kickstarterとどう違うとかそういうのは

を読まれたいのと、それ以外で僕が学んだことは会った時にでも聞いて欲しい。WebPayを通して、国内でのカード決済事情からあまり助力出来ない体験もあったクラウドファンディングに自身が直接携わることになるとは少々皮肉に感じるものもあった。

入ってからは

https://www.instagram.com/p/BLP6Vw9A-7p/

 プロダクトマネージャと一緒に開発を進めるエンジニアの一人として働いている。チーム的にはIndiegogoでプロジェクトを公開するユーザ(Entrepreneurと呼んでいる)を助けるチームに属している。

 基本的に開発はペアリングが前提で、オフィスのいたるところにペアリングステーションが配置されており、触れるストーリーに合わせて都度チーム内でペアを組み、開発にあたっていて、ほとんど毎日誰かと会話をしながらコードを書いている。

 毎朝のスタンドアップ、月曜朝にはプランニング、金曜夕方にはレトロスペクティブという流れで回っていて、何か文献で見たアジャイルスクラムというやつが(僕が正しく理解しておらず正にそれであるのかはわからない)当然のように回っていて、別に改まって説明されず飛び込まされた身としては不思議でもあったが、早々に心地良くなっていた。

 取り立てて技術的に飛び抜けているということはなく、こうやっていますよねということがちゃんと行われていて、その上でサービスがユーザに使われるようにチームが回っていて、ちゃんとお金になってという図を目の当たりにしていて、最初から世界が前提の市場の規模感への驚きも合わせて、今までの技術に目が行きがちだった価値観がぐにゃぐにゃになっている。

 会社の多くの人が良いひとたち(であると彼らのほとんどがそう言っているというのが素敵)で、サービス、ユーザが好きというのがひしひしと伝わる空間が久しく、なかなか楽しい。退職した頃の会社のサイズ感が近しいこともあり、サービスに対して綺麗事に聞こえかねない言葉をちゃんと発せる場所であったクックパッドと少し似たものを感じることがある。

入社まで

 スキルセットとしては特にこの4年程は、人員のスケール出来なかったスタートアップのサービスの開発と運営にほぼ最初から携わった性質上、職種であったソフトウェアエンジニアを主とするどころか、それらしき仕事は週の3,4分の1くらいに留まり、なんちゃってプロダクトマネージャ、カスタマーサポート、ビリングにまつわるお金の処理、カードに関連した他社とのやり取りに追われ、最も書いていた言語は完全に日本語であった。買収されどスタートアップである頃からの生活習慣が癖になっていて、仕事と仕事以外の境界がぼやけたまま、ほとんどの時間で頭にサービスのことが過る状態を脱することができず、情けないことに仕事以外で手を動かすことに及ばなかった。

 こんな生活を繰り返しているうちに、いつソフトウェアを触れる食い扶持に困ることになるかが年々不安になっていたのもあり、純粋そうなSoftware Engineerのポジションに身を置けないかとJob Huntingというのをやると決め、レジュメを作り直したところからは半年、実際に各社に応募をして面接を受けるようになってからは2ヶ月強で辿り着いたオファーで、給料の金額を言われる前に興奮してI Accept!と答えてしまった恥ずかしい僕のサンフランシスコでの就活の話は別途書くことにしたい。全部で20社くらいに応募しただろうか。

 転職ということで、WebPay(厳密には買収元のLINE Payの親会社のLINEの資本関係を僕はよく知らない米法人であるLINE Euro Americas)を8月の上旬に離れ、このことをどうにか発しておきたいと記事の下書きを始めるも、色んなことを詰めたさ過ぎて収拾がついていないので、こちらもいずれ就活のことと前後して出せるようにしたい。

 買収以降は個人的になかなかしんどい期間が続いていたけれど、おかげさまで英語をやらざるを得ない状況と現地基準の給与という特典も付いて随分面白い形で30代を始められたものだと、この機会を貰えたことをありがたく思うに尽きる。

RubyKaigi 2015 にスタッフとして参加した

https://www.instagram.com/p/_Op-McrMBH/

 昨年に引き続き、RubyKaigi 2015に合わせて帰国してスタッフとして参加した。

 2010と2011に当日スタッフ、2012が開催されずに空いて*1、2013はサイネージ周辺について準備の途中と当日の運用をお手伝い、2014はサブスクリーンを産んだ人々が現地に居ない中での運用と、いわゆるスタッフっぽい括りの中に居るようになって5年目になったところで、ついに事前準備を行うチームの中で一緒に会期を迎えられた。

2015年の担当

 なかなか忙殺されている他のスタッフやオーガナイザーの面々に申し訳なく思いながらも、それを横目に自分で仕事を抱え込んで死ぬよりはマシだと、本業の合間でも出来ることを出来るだけでこなすようにしていた。

事前

 今年はミニマムな開催というようなことを聞いて、ここ数年携わっていたサブスクリーンの設置を強く推すこともせず、設置がないのなら隙間でうまく手伝えればと考えていた。最終的に設置は見送られ、サブスクリーンやサイネージの無い久しぶりのRubyKaigiを試すことにもなった。(参加者のみなさんとしてはどうでしたか?)

 東京に住んで居ない性質上、定期的なミーティングにも顔を出せず、振ってもらえた海外からの発表者の招聘手続きの対応を主にやっていた。ブラジルからクソコードについて発表しに来たFernando Hamasakiはじめ、日本への入国にビザが必要な発表者、参加者への大使館・領事館用の申請書類を作成していた。ブラジル、ベトナム、ナイジェリア、コロンビアといった国々へ作った書類は送られた。

https://www.instagram.com/p/_La_i9LMIU/

 会期が近くなるにつれ彼らとやり取りをすることが増えたが、特にFernandoとは奇しくもラストネームが同じだったためかカジュアルにコミュニケーションをとってくれて、ビザとは別にホテルやSIMカードの情報等、日本滞在の準備を少し手伝った。実際に会場で会えた時に、お互い母語でない英語を頭の中で探りながら話したのが印象的だったが、日本へ来れたことやスタッフへの気持ち、色んな参加者に会えたことなど総じて喜んでいるのがわかってとても良かった。「フェルナンド濱﨑」と親類から確認したという漢字(サキの字は僕のとは違った)を名札に書いてくれていたが、僕は逆に準国際カンファレンスに合わせたためにアルファベットだけの表記で彼とは揃わず申し訳なくもあった。加えて、彼が登壇の終わり際に僕へ言及してくれたことは嬉しかったが、招聘にあたっては @takahashim がレビュー、出力、郵送を日本から都度行ってくれていたことを忘れてはならない。ありがとうございました。

会期中

 当日を迎えてからは概ねはワイルドカードとして、会場内で目についたところの一時的な対応や、明確なアサインが無さそうな仕事を引き取ったり、@RubyKaigi として喋ったり、前日にFoursquareのベニューを作っておいて来場者がチェックイン出来るようメンテナンスをしていた。加えて、日本語によるスライドの英訳を急遽お手伝いしたのだが力になれたのかは怪しい。

 特に会期の開始直後は受付より前にて @kakutani が玄関、その奥の角で僕が立つという意味は違えど当日に明示的な仕事の無い者の並びになっていたことを参加者の方は気づいたことだろう。関係ないが当日朝、スタッフ宿で @kakutani の起床を促したのが最初のスタッフとしての成果となったが、目上の人を起こす方法をあまりよく知らないことがわかった(バスルームのドアを激しく開閉する音で促した)

来年もやるのか

 京都に行きたい。そして、帰国の都合がつくように立ち回りたい。

 最初は、Sixeight が参加をとても楽しみにしながら僕の部屋に泊まり連れて行ってくれた2009年の開催で、 @june29 がスタッフとして楽しそうにしているのを見たところから。翌年に入り込めないかを相談したら当日スタッフ募集に応募でき、楽しい人達とご一緒出来ましたというところだったのが、2013には @darashi と一緒にものをつくったりする機会に恵まれて、2014には @_zzakと知り合って今では彼のおかげでサンフランシスコに居することが出来ているのだから、やっているだけで何か良いことがあるに違いない。RubyKaigiのスタッフをしているだけで背が伸びる。2016は特にやります、やらせてくださいという話をしていないものの、来年はこうしましょうと2015の会場で他のスタッフと話せているのできっとまた棚ボタをそこで構えているのだと思う。

*1:RubyKaigiが2011以前と2013以後で違うというのはあっても僕の中で関わる空間は同じで続いている。

サンフランシスコに引っ越した


Photograph Market Street by Kengo Hamasaki on 500px

アメリカに居を移してからずっと暮らしていたベルモント(サンマテオより南、パロアルトよりは北のあまり知られないがOracleのHQがある駅)の3ベッドルームの部屋が賃上げで$4,000/mo越えを宣告されたところでルームメイト3人の解散が確実となり、どこかへ移る必要に差し迫られていたが、よくもまあ家賃がおかしくなっている中心地に越したものだ。

クリエイティブ都市論という本を @snoozer05 に勧めてもらってから、ちょっとこの郊外で暮らすのはベイエリアに居て勿体ないんじゃないかと思うようになったのと、"シティ"も"バレー"もどちらも味わってからどっちが良かったっていうのを言いたいなと考えた結果、サンフランシスコど真ん中で部屋を探すに至った。

クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める

クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める


まあ、本音というかミーハーっぽいことを言うと、近所を歩けばTwitter, Uber, SquareのHQがあって、ラーメン食べて部屋に戻っている途中でジャック・ドーシーとすれ違うなんて場所で暮らすというのはウェブサービス好きにとって今のところ飽きようがない。加えて、ウェブに対して世間や他の地域、国よりもちょっとだけ親しい気がする空気感はとても好きだ。


部屋が決まるまでの1ヶ月くらいの間は、Craigslist(PostingsというAndroid appタブレットで使うのが快適だった)を毎日1時間くらい見る時間を取り、投稿者と連絡を取ったりしていた。
だんだん家賃に対する感覚が市場に最適化され、「お、スタジオ(日本で言うワンルーム)で$2,000/mo、安いなあ」と発するようになっていた。

特に以下の記事は夢に出てくるくらい読んだ。(Yamazaki さんにはこの前お会い出来る機会があって直接御礼が言えた)


上記の知見に頼ることなく結局は、RubyKaigi 2014(のスタッフ打ち上げの後の飲み会)で出会ったザックのおかげで市場に比べて安価に暮らす場所が手に入った。色々な事情から彼の飼猫Gingerとしばらく一緒になることとなり、まさか曲りなりにも猫を飼うことになるとは人生何が起きるかよくわからない。


個人的にはもう1年くらいスタートアップなつもりでいたWebPayが買収されたのもあって、少しばかり入ったお金は訳の分からない家賃にいくらかの間、目を瞑ってもいいように使うことにした。

Remove all ads

2014年にリモートで試したミーティング類のパターン

 今年の初めからアメリカに引っ越したので社内の人とのやり取りをどうするかという悩みに現実的に直面し、この1年で色々試したのでセーブポイントとしてまとめておくことにした。(ブログの記事を書かなさすぎてはてな記法忘れつつある...)

チームとミーティングの距離感

f:id:hxmasaki:20141229160507j:plain:w300:right

 8人くらいの会社。誰もがSPOFで、何かに詳しい人間はだいたい一人に絞られる*1。会社として重要な箇所に一人だと心許ないというより、誰も休めなくなってしまうので概ねわかるだろうという他者を含めるか、共有するなりで冗長化して、2人以上がひとつの何かに取り組んでいる形を組織中に点在させている。

 その2人の間や異なる担当間でそれぞれミーティングの時間を取っておきたいが、大仰に週例、月例、毎朝のスタンドアップみたいなミーティングをそっくり入れ込むにはちょっと負荷が大きいので何か工夫が必要だ。

 勤務地は強制していない。オフィスはあるけれど必要になった時に利用したら良いとしている。アメリカに居るとか、東京でも自宅から滅多に出てこないとか、週のほとんどはオフィスでたまに私用に合わせて自宅とか、仕事に全力投球する期間だけ泊まりっぱなしとか色々な勤務形式が伺える。

 ちなみに、「働く場所は自由です!」とは言ってなくて、「パフォーマンスを出すのに必要もしくは仕事をする上で合理的な動き方をしていれば何でもいいよ」という体裁である。(強いチームかどうかは別にして)オフィスを捨てていない。僕は帰国時に、メンバーとコミュニケーションを取ることが仕事に良い効果を持つので、だいたいオフィスに居る。周りはそれに合わせて普段よりオフィスに来るようにするというような変化もあって*2面白い。この自由度だけに溺れると簡単に居場所を失う。

 こうも自由だと、だいたいはコミュニケーションをとる時間やミーティングどうするのという話になるが、働く場所と一緒でうまく行くものを都度見つけ出しましょうというスタンスで試行錯誤しているので、以下はそのまとめとなる。

*1:逆に該当する主担当が無いならこのサイズの組織では存在する意味がない。

*2:気持ち良いというか僕のために来てくれている気分がして自惚れがち。

Read more