現地就職してからの1年とその前後

ここ何年か、ベイエリアで遭遇することがちょこちょこある堤さんがサンフランシスコで就職して1年が経ちました - Over&Out その後というのを書いていたのを見た。偶然にも同じような時期にサンフランシスコにある会社に就職していたので、堤さんとお会いした時にたまに示し合わせるのが面白い。プロモートおめでとうございます。何でこの前言ってくれなかったの!

1年前の就職活動

ここに辿り着いた後は「どうにかなるもんやな」というのと「いやはや全然出来ないな」というのを、毎日とか毎週とかの周期で繰り返しているけれど、仕事が決まるまでの間はもっとしんどかった。 妻がちょうど最近Tradecraftというこの辺のスタートアップ野郎を生み出すトレーニングプログラムに応募して、電話面接、オンサイト面接を経ているのを目の前にすると、忘れかけていた当時の感覚が思い出されてくる。

すぐ甘えるので環境を強制する

レジュメを送った会社はAirbnb, IFTTT, OpenTable, Asana, Uber, Ripple, Coinbase, CircleCI, Instacartと数え始めたらもう全ては思い出せなくなっているが、正面からの応募は自分がユーザであることが念頭、他はHiredA-List、リクルーターから直接声がかかったところと話をしてみるという具合で全部で20社前後にのぼった。ただ、日本語のコミュニケーションで助けを求められてしまう職場に行くのはどうしても避けたくて、メルカリ、スマートニュースなどの日本の企業の他、現地企業も日本から来た知人が働いている会社は最初に除外した。声はかけてもらえど、入れてもらえるかどうかは別だし失礼な話だけど、自ら作り出した背水の陣のスリルはちょっと過剰であった。

よくあるアメリカのテック採用

望みのところに書類で応募したとしても連絡が来ないことが大半である。「ちょうどいいの思い出したわ」という感じでしばらく経って転職活動を停止した頃に連絡が来るなんてのもあった。一番早いのは、先方から先にコンタクトが来ているか、中の人のリファラルがあるかで、電話面接へ至るのもほとんどがそのケースにあたる。

各社の採用プロセスはそれぞれ会社の色が出るものと、テンプレート通りのものの二択で、その特徴を見るのは面白かった。具体的にどこがどういうことをしていたというのは言及出来ないので、ふわっとさせつつ、ぱっと思い出せるものを並べてみると

  • HackerRankでよくあるCS Fundamentalな問題を2, 3問解く
    • 色んな会社が電話面接前後のスクリーニングに使っているようだった。サービスとしてもよくできていて触るのが楽しい
    • 宿題的にも使えて、リアルタイムの実装を採用側は観察することもできるのでRubyで穴を突こうとしていたのも全部観られていた(逆にそれは褒められた)
    • スクリーニングだけでなく、コーディング面接にも使われるケースがあって、電話しつつ書かされたりすることもあった
  • アクセルとブレーキの入力受け入れて、走行速度を表示し続けるTCPサーバと通信して制御をする
    • PID制御のことを考えるのが懐かしい気分に
  • インタビュアーと話しながら社内のクラブ活動みたいなのに実際に応募する
  • 自分が人生で一番乗り越えたことを30分間その場でプレゼンする
    • 時間はまちまちだけど、結構あった気がする。拷問
  • データの検索においてRDBでインデックスを使う前と後の計算量の差異を図示する
  • データをリストするだけのウェブアプリにフィルタとページャを実装する
  • 自分の好きなOSSGitHubで取り上げて紹介する

などなど。事前にGlassdoorを眺めておくと、どんな面接があるか、会社の内情などは割と情報が拾えるのでかなり重宝したし、実際に書いてある通りの面接に出くわすこともあった。

毎回オンサイト面接の前には

のポジティブっぽい部分だけを繰り返し読んで気持ちを維持していた。オンサイト面接には1日丸ごと使うことが多いので心身共に消耗するのと、分かっていてもリジェクトに都度凹むので、2ヶ月そこそこの活動期間に絞っていたものの、それでも堪えるものがあった。日本で新卒としての就活もしたことがなかったので、お祈りってこういうことなんだなって30歳を目前にして体感する羽目になったのはとても苦いものであった。ただ、オンサイトよりも表情等がしっかりわからない電話面接は更に不安な要素でもあって、オフィスに自分が行くから電話じゃなくて直接やってくれと頼んで、実際にそうさせてもらったこともあった。

割とちゃんと応じてくれる人事担当者であれば、オンサイトの終了後にフィードバックをくれることが多く、どの面接があんまり良くなかったね〜というのを教えてもらえる。自分のケースだとだいたいテックでどこかひとつポカをやったのが主因とされ、カルチャーフィットは結構いい感じだったよ言われることが多かったが、きっともっと悪かったはずでこれは険悪にしないためのテンプレートなんだろうなと感じることが多かった。

楽しいやつはオファーになる

Indiegogoの場合でいうと、正面(Lever)からレジュメを投げて、連絡をくれた人事担当者と電話でコンタクト、一緒に働くであろうエンジニアリングマネージャと電話面接、オンサイトでほぼ1日をかけての複数の面接を経るという定番のプロセス。オンサイトの中身は、シニアなエンジニア二人と午前丸ごとを使ってウェブアプリケーションの機能をひとつ、見積もりから実装までをペアプロ風に行うものに始まる。昼食を挟んで午後はウェブアプリケーションの設計のディスカッション、カルチャーフィット、偉い人という具合に続いた。帰る時には人事担当者からオファーを匂わせられたが「こいつ、ひょうきんな感じだし実際そんなことないだろうな」と一切信じられなかった。それまでに何社かのオンサイト面接の後にリジェクトを食らった後だったため、基本的に元気がなかったのだけど、この時のは取り立てて楽しかったのだろうか、その後に待ち合わせていた妻と合流した時は妙に機嫌が良かったようだ。会社に入ってからしばらく過ごす中でわかるのだけど、オファーに到ったのは偶然出会う人に恵まれたことと、スキルセットが割とハマってくれたからに尽きる。

またいずれやるのだろうけど

どこかに入って1年も経つと、何か実績解除となるのか、リクルータからのコンタクトが結構頻繁に来るようになってきて、当時ほどはもう苦労しなくて良いように感じる。知ってる名の会社から来ると、自動的に送られたかもしれないメールであっても喜ぶし、使っている好きなサービスをやっているところには親切に返信してしまう。でも、どういう理由であれGoogleの人からメール来るなんてちょっと前なら思いもしなかったじゃない。インターンに応募した時にレジュメでリジェクトされたっきりだよ。僕が今これだけ来てるとすると、miyagawaさんとか1秒に何通来てるんだろう。

職場での1年

キャリア

おかげさまで、目的であった"Software Engineer"としてはやっていけているよう。今年に入ってから、ありがたいことにSenior Software Engineerにプロモートされたところで、何となく周りが褒めてくれてるのが信じられるようになってきた。仕事はウェブアプリのバックエンド、フロントエンドで普通に機能開発やバグ修正をやっていくようなところから始まり、Stripeと絡んでの決済や銀行振込まわりのUIの世話、VarnishというかFastlyを使ってのパフォーマンスの最適化と経ていて、偶然今まで触れたことのあるものかつ他の人が普通は初見そうなものに出くわすことが多く、運良く活躍の機会を得ている節がある。今はフロントエンド周りの刷新をするような立場にいるのが楽しく、プライベートで最近費やしていたことが仕事でも触れられるようになったおかげで捗っている。

Seniorがどんくらいのもんじゃというのは会社それぞれなので、うちのラダーでいうと上から3, 4番目の職位で、人数でいうと上から2割くらい。大きい会社からやって来たVPoEとHRがしっかり整えてくれていて、上下するにおいても要件はFYI - For Your Improvementをベースに明文化されており、自分の過不足がわかる。なお、僕はプレゼンやインタビュアーとしてのスキルがネックでここから上へのプロモートの雲行きが怪しいのだけど、そうやって分かるだけで気が楽なものでもある。

Fyi for Your Improvement

Fyi for Your Improvement

このあたりの人材開発やエンジニアの職位制度の点では定式化されているものに出くわすことが多くて、日本のウェブ周りで見知っていた範囲の会社がだいたい手探りな感じだったのとは大きく違う印象がある。今はもっと整っていそうだけれど、日本の人に持ち帰れるものがあればもっと話したい。

ワークワークバランス

前までの仕事には、生活のリソースのほとんどを割り当てていた反動もあって、よく言われるアメリカのワークライフバランスの担保されすぎている状況へ慣れるのには時間がかかった。だいたいオフィスを最後に出るのが自分で、しかもそれが19時なことに働き始めは驚いたし、同僚は僕のデスクに居るっぷりに驚く感じでもあった。ようやく最近は自分個人での書きたいコードや、近隣に居る日本人のスタートアップの技術周りの相談事に応じつつ、夕飯をつくって妻と食べてアニメを観るかゲームをするということも叶っていて、こういう生活もあるんだよって20代の自分に教えても信じない現実を享受している。どうせ飽きてまた、人生と作ってるサービスが一緒ですというのがしたくなるのだろうけど、後述するビザ周りがどうにかならないとこの国では未だ選択しかねる。

日本人

よく尋ねられるが、日本人は僕以外に居ない。第二言語として日本語を話せる同僚が一人居る。仕事で日本語で会話をすることはほとんどないが、日本語話者についてのコンテキストを持つ彼女がいつも僕のテストのサブジェクトの不自然な英語を添削してくれているのには本当に助かっている。他にもアニメ好きや日本文化好きというのは何人か居るがどこもそんなもののよう。クックパッドの時に海外から来た面々と仕事で一緒になることが多かったことを思い出して、いま僕がそのガイジンをやっていて(日本に行く方がずっと難しいかもしれない)、彼らの気持ちが少しわかってきて、当時はもうちょっと何か手伝えたなと思うことは多々ある。

英語の話はもういいか。大変です。直近だと毎週エンジニアの面々にレポートするような担当を持っていて本当に辛い。

ビザとグリーンカード

2013年の取得から、H-1Bのトランスファーを既に2回やっている。直近のトランスファーはうっかりPremium Processingをしなくて良いと判断してしまったために、次のスタンプが得られるようになるまで8ヶ月を要してヒヤヒヤしたのだけれど、大統領的な何かがない限り、もう数年は居させてもらえそうである。グリーンカードについては、オファー時の交渉では申請の約束を契約書に入れることを断られ、1年後のパフォーマンスを見て検討するとされていたが、幸いなことに会社での評価や上司の応援があって、入社後数ヶ月でサポートする判断をして貰え、もう少しで会社に依存した居住ステータスを不安に感じなくて良くなるのかもしれない。

会社のサイズ次第では、入社した瞬間に始めてくれたり、申請中に会社が潰れたり、レイオフされたりと色んなケースを他人事としては見ている横で、うちは10年続いているけれど手で数えられる程の申請実績のようで、どうにか切り抜けられると信じるのみ。テンポラリな移住者であることを思い出す瞬間はいつも不安で満たされるので、うまく事が運ぶことを願うしかない。

危なげないとは言えないけれど、元気にやっている僕のこの1年からは以上です。歳をとったせいなのか、何か話し始めたり書き始めたりすると、関連して言っておきたくなっちゃうみたいなのがポロポロ出てきてしまって止まらないのって普通なんだろうか。聞き手をお待ちしております。

RubyKaigi 2017にスタッフとして参加した

_DSF1791

2年ぶりにRubyKaigiへ行った。今回もスタッフとして仲間に入れて貰えて、会期から1ヶ月近く経って、ようやく自分の範囲の振り返りは終えた気になれたところ。RubyKaigiの後は新潟で自分の結婚式、その後アメリカに戻ってきてから親族への御礼などで慌ただしかったのが一区切りし、やっと生活も落ち着いてきた。

I18n

現地での就職以降スキルが上がったかどうかは別*1として、日常で使うおかげで英語道への諦めや、恐怖心が削がれていたことで「英語できないです」バリアを使わなくはなったので、運営への問い合わせ対応などI18n Staffというラベルに合うような仕事やれていたんじゃないかと思う。

会場では主にダリアという部屋の司会に任命されていたのだけど、対面の会話とはこれが全く違っていて全然使い物になった気がしなくて悔しいので、もう少し日常で人前で喋る機会を取っていく必要があるのがよくわかった。逆に道案内や軽く尋ねられたことに応対出来る度合いは今までお手伝いをしてきた中ではよく出来るようになった手応えがあって気持ち良かった。

加えて、ここ数年担当している、発表者や参加者のビザ取得を手伝うための招へい書類の準備にもあたっていた。運営体制の関係上、直接ビザを取得する人たちとのコンタクトは無かったものの、申請に到った全員が無事に来場出来た様子だったので一安心。次もやる機会になるのならもう少しまともにプロセスを最適化したい。

あとは @rubykaigi の操作だったり、Swarmのベニューを作ったり細々と。

サイネージ

会期の3週間前を過ぎてから設置する話になったので、慌てて細切れな時間を集めつつ準備を進めていた。メインホール(フェニックス)のサブスクリーン、各会場前の3枚の液晶で、随時お知らせが流れるようになっていた。2013に始まったOshiraaS*2のような仕組みを2016に合わせてEmber.jsとFirebaseで組んでいたものを再利用することで凌いだが、動くようにするだけで当日朝まで時間を要してしまい気が気でなかった。去年の実装したころにYarnなんて無かった。あと僕が去年は現地に行かなかったので振り返りもアーカイブも何もしないまま苔を生やしていたのが実に良くなかった。

というわけで残念ながら、色んなものを諦めておしらせだけに集中する結果となった。他のスタッフが操作出来るようにして、落とし物や旬情報を切り替えるなどサイネージ野郎の手を離れてコンテンツが回るというのを実現出来たのが唯一今回新しかったことかもしれない。環境要因だけれど、Wi-Fiがいい感じに吹かれていたので、人の呼び出し、発表内容との同調といった動的な更新を前提に運用出来て楽しかった。

LTで使ったタイマーは、日本への出発する3日前くらいに松田さんから振られて、おしらせの仕組みの上にそのまま追加で実装した。どうにか太平洋を越えるうちにに実装できて、現地で投影時の見た目やタイマー係向けの操作性を仕上げてどうにか間に合った。

広島

あまりゆっくり見て回ることは出来なかったけど、カープ優勝による現地の雰囲気を味わえたのはとても良いタイミングであった。

お好み焼き

_DSF1785

会期前日、同じ新幹線で広島に着いたigaigaさんと食べた。
割と「広島風」と文字が入った看板や、路面電車内での広告でも口にされていたので、その単語を使ったら酷い目に遭うみたいなのはステレオタイプ過ぎたのではないかと思う。

宮島

_DSF1889

2日目の撤収後に夕食を摂りに出かける気になれずにいたところ、darashiさんが向かっているとの情報を得て、慌ててタクシーに飛び乗って宮島口まで行き船で島に渡り、厳島神社の周りで2時間弱を過ごして最後の船で戻ってきた。現地では「これはいいものだ」しか言わなくなっていたくらいぶわっとくるものがあって、本当に行けて良かった。今回は夜の満潮の頃合いに鳥居を見たのだけど、昼夜と満潮干潮の他の組み合わせも、加えて、水族館や弥山も次は楽しめるような旅程で改めて訪れたい。

広島市街に戻るタクシーで、運転手がとにかく風呂の話をし続けるのを、だらさんとケラケラ笑いながら聞いて、その後汁なし担々麺を食べてホテルに戻って3日目に備えた。

平和記念資料館

RubyKaigi 2017の名札を出すと無料になるということで、昼休み前後に時間を確保して見てきた。デカ外人ことJonanが「大事なことだから」と繰り返しながら、毎回の日本滞在時に訪れると言っていた意味がよくわかった。会場に戻ってから気を持ち上げるのは少し大変だったけれど、これはまた遠くないうちに来たいと思わされるものだった。

また来年も会えたらいいですね

昨年は転職直後でビザのトランスファーであんまり出入国を避けたかったことや、入社1週間そこらでしばらく日本に行くなんて強気にはなれなかったので、事前の手伝いはしていたものの出席を諦めていたのだけど、色んな人と再会したお陰か沢山元気を貰えたので、2018年の仙台にも居たいと思っている。

*1:この文を書いている今日は、シュパッと気持ち良くやった前日の実装について、詳細を同僚から尋ねられた時に英語で全くシュパッと説明出来なかったことが頭で繰り返されるのが辛くて苦しんでいる。

*2:Oshirase as a Service

葛飾区のShibamata Fu-Ten Bed and Local

f:id:hxmasaki:20170703184309j:plain

総じて良かった。

環境

f:id:hxmasaki:20170704111754j:plain

価格や成田から都心への途中という立地からか外国人観光者が多く滞在者達が色々で面白い。インドネシアからインターンのために来たという学生たち、家賃諸々払うより安いので次の居場所へ移るまでしばらく過ごしているという壮年の方、ずっと映像を撮っているイギリス人、何言語か試した挨拶をことごとく無視するアジア系の人と、2週間そこそこの滞在でも色んな人達と会えて面白かったのだが、基本的には自分の個室がそれぞれにあるので、人と関わる事自体も意図すれば避けられ、ゲストハウスとホテルのまさにいいところどりという環境。

ゲストハウスらしく(?)、滞在者全員が自由に参加出来るパーティが催されており(外出しちゃってて参加はしなかったけど)、楽しそうに色んな国の人が交流していた様子。建造物の性質上と部屋の場所的に0時そこそこまでガヤガヤしていたのが寝床に聞こえ続けていたけれど、まあそんなもんよねえくらいに思っていたら、2時を過ぎてからなかなかの爆音で音楽が流れ始めてきて、起こされてしまったので止めてもらいに行った。学生のバイトであるという青年がパーティ後も残った人たちと騒いでいたのにがっかりして、ここまで全てにおいて文句がないなという感想が濁されてしまい残念で仕方がなかった。

柴又周辺

f:id:hxmasaki:20170704161831j:plain

3駅だけの京成金町線の真ん中が柴又駅で、施設から駅まで徒歩で10分くらいあるが、コンビニやスーパー、居酒屋など地元の人の必要なものに加えて、観光向けに店が並んで駅前が少し栄えている以外は閑静な住宅街といった様子。南の高砂だったら京成本線(浅草線直通)、反対には金町で常磐線(千代田線直通)と都心へと一本で繋がる拠点駅なだけあって駅周りはもっと栄えているので、柴又で足りないものがあれば足を伸ばせば良かった。ラッシュの時間帯を除いても1時間に数本の京成金町線と京成バスが並行して同じような頻度で走っているので、柴又が取り残されている感じもない。都心からの移動は高砂から、飲食は金町という使い方になっていた。

開発系の合宿に使いみちがありそう

新しめの施設とあってなのか、ウォールマウントの無線のAPはちょっとまともそうなの*1がうまく点在していて、建物のどこでも快適にインターネットを使った作業を連日行えていた。急遽日本からリモートで2週間ほど働く必要があり、安価に連泊出来る場所でこのインターネット環境は重宝した。wifiをacで掴んだ状態で、下りが数十Mbps出ているようだったけど、大人数で繋ぐとどうなるかはわからない。ホワイトボードはなかったと思う。

コモンルームは有料で外部の団体に貸していることがあるようだけど、それを除いて客室を使う以外には隔離されたミーティングをするのは難しそう。コモンルームでの朝の(会社の方は夕方の帰宅前だけど)スタンドアップの僕の声が同階の部屋にもいくらか聞こえていたみたい。ただ、滞在者のほとんどが観光者なために、昼間は自分たちだけで空間を貸し切るような図になっていた。


*1:おっ付いとるなと思ったまま記録を忘れていて、いくつかの写真と僕の記憶からid:haiji505が特定してくれた

Remove all ads

世帯での情報共有のしかた

家庭を支える技術 Advent Calendarに寄せて

f:id:hxmasaki:20161219182309j:plain

これは家庭を支える技術 Advent Calendar 2016の12月19日を担当する記事です。

2014年には新たな家庭を持った友人たちが書いているのを眺めていたところから2周遅れで不思議な気持ち。 他の方の記事を伺う限り、参加者層のバイアスがあれど、僕が使っている「家庭を支える技術」というものに該当しそうなツールもデバイスも特に真新しいことはなく、むしろこんなに当たり前な雰囲気でSlackやHueを使っている家庭があるのかと驚く。 どれもこれも全部書いてしまおうと当初は思っていたけれど、ひとつ、情報共有やコミュニケーションについて現状を書くことにした。

世帯内での情報共有とコミュニケーション

世帯を運用していく際に、導入すれば生活が便利になるであろうツールは山ほどあるのだけど、ツールのために生活を少し弄ることだけは可能な限り避けたいという気持ちが根底にある。世帯のそれぞれの人は僕にとってユーザであり、彼らが自然に使い続けられることに重きを置きたい。

アプリケーションのリストに世帯の運用由来で消すことが許されないアイコンが増えて続けてしまうのは嬉しくない。ルンバほどの存在でないツールには生活の何かを直接的に変えて欲しくない。

特に世帯内でのコミュニケーションや情報共有を取り扱う際には、うっかり色んなツールを重複した用途のために無理に選んでしまいがちになっていたのだが、やっと最近落ち着いた形を得られてきたので、その全体像と考察をこの記事では触れたいと思う。

情報のスピード感に合わせた3つのツール(サービス)

現在は、情報のスピード感に合わせて3つのツールに落ち着いてきた。

スピードが速い方から順に - LINE - Slack - esa という並びになる。

f:id:hxmasaki:20161219173332p:plain:w600

即時のレベルで反応が欲しく、その反応はしばらく後には必要ない性質を持てばLINEで行い、同期的な反応はほとんど求められず、発された情報が中長期的に記録されていることが望まれる性質を持てばesaに残す。これだけでは双方それぞれに不向きで間に落ちそうなものをSlackで受け止めるようにして、3つのツールを用いるようにしている。

何らかの組織やプロジェクトチームに於いてのコミュニケーションや情報共有についての文脈でいうストック情報とフロー情報という表現をされることがあるが、それに近い。表現の仕方だけの差異(情報が滞留する時間の長さを指しているのか、情報が通り過ぎるスピードを指しているのか)だけかもしれない。Information Architecture周りでの言及を探してみたが都合の良いものが見当たらず、用法として聞いた話を頭の中で勝手に解釈してしまっていた気がする。

それぞれのツールと具体的な利用シーンを以下紹介したい。前提として、現在はソフトウェアエンジニアの僕と、ウェブ系の(?)デザイナーである妻と二人だけがメンバーであることを念頭に置かれたい。

Read more
Remove all ads

Indiegogo, Inc.にSoftware Engineerとして入社した

f:id:hxmasaki:20161022223620j:plain

 8月の3週目にIndiegogoというサービスをやっているサンフランシスコの会社に入社して、ちょうど2ヶ月が過ぎた。

 オファーを得て以来しばらくは、仕事についていけずに早々にクビになってしまうのではないかという不安もあり、はしゃげる自信がなく、しれっとFacebookのステータスだけを変えておいて、1ヶ月を過ぎたところでその旨のポストをして、ようやく直近の間はやっていけそうな気になってきたのでこれを書いている。

会社のこと

  • 自分がユーザでかつ好きなサービスを運営していること
  • 自分の技術的なスキルセットが貢献し得ること(Ruby, Ruby on Railsや決済、DevOpsといったあたりでSoftware Engineer以上のポジションがあるか)
  • (スタートアップ過ぎないこと)

を条件にして応募した会社のうちのひとつだった。もちろんビザのサポートがそれ以前にある。

 応募に関して、多くケースは紹介や人材にまつわるサービスやリクルータやエージェントからのコンタクトなど採用をする側から連絡を得てから進めていたものの、ここは会社のページから真っ直ぐにレジュメを送ってオンサイトの面接まで進んだ唯一の会社でもあった。

https://www.instagram.com/p/5AXVLUrMP-/

 元々、2013年からIndiegogoを使う機会は度々あったものの、公開されているプロジェクト(プロダクト)が主眼でKickstarterと見分けることがなかったが、ちょうど気になっていたヨーヨーをつくるプロジェクトがIndiegogoでファンディングされるのだと知ったあたりからサービスを明確に認識していた。ユーザとしては割とぼちぼちバック(コントリビュート)をしている方に分類されるようだ。

 Kickstarterとどう違うとかそういうのは

を読まれたいのと、それ以外で僕が学んだことは会った時にでも聞いて欲しい。WebPayを通して、国内でのカード決済事情からあまり助力出来ない体験もあったクラウドファンディングに自身が直接携わることになるとは少々皮肉に感じるものもあった。

入ってからは

https://www.instagram.com/p/BLP6Vw9A-7p/

 プロダクトマネージャと一緒に開発を進めるエンジニアの一人として働いている。チーム的にはIndiegogoでプロジェクトを公開するユーザ(Entrepreneurと呼んでいる)を助けるチームに属している。

 基本的に開発はペアリングが前提で、オフィスのいたるところにペアリングステーションが配置されており、触れるストーリーに合わせて都度チーム内でペアを組み、開発にあたっていて、ほとんど毎日誰かと会話をしながらコードを書いている。

 毎朝のスタンドアップ、月曜朝にはプランニング、金曜夕方にはレトロスペクティブという流れで回っていて、何か文献で見たアジャイルスクラムというやつが(僕が正しく理解しておらず正にそれであるのかはわからない)当然のように回っていて、別に改まって説明されず飛び込まされた身としては不思議でもあったが、早々に心地良くなっていた。

 取り立てて技術的に飛び抜けているということはなく、こうやっていますよねということがちゃんと行われていて、その上でサービスがユーザに使われるようにチームが回っていて、ちゃんとお金になってという図を目の当たりにしていて、最初から世界が前提の市場の規模感への驚きも合わせて、今までの技術に目が行きがちだった価値観がぐにゃぐにゃになっている。

 会社の多くの人が良いひとたち(であると彼らのほとんどがそう言っているというのが素敵)で、サービス、ユーザが好きというのがひしひしと伝わる空間が久しく、なかなか楽しい。退職した頃の会社のサイズ感が近しいこともあり、サービスに対して綺麗事に聞こえかねない言葉をちゃんと発せる場所であったクックパッドと少し似たものを感じることがある。

入社まで

 スキルセットとしては特にこの4年程は、人員のスケール出来なかったスタートアップのサービスの開発と運営にほぼ最初から携わった性質上、職種であったソフトウェアエンジニアを主とするどころか、それらしき仕事は週の3,4分の1くらいに留まり、なんちゃってプロダクトマネージャ、カスタマーサポート、ビリングにまつわるお金の処理、カードに関連した他社とのやり取りに追われ、最も書いていた言語は完全に日本語であった。買収されどスタートアップである頃からの生活習慣が癖になっていて、仕事と仕事以外の境界がぼやけたまま、ほとんどの時間で頭にサービスのことが過る状態を脱することができず、情けないことに仕事以外で手を動かすことに及ばなかった。

 こんな生活を繰り返しているうちに、いつソフトウェアを触れる食い扶持に困ることになるかが年々不安になっていたのもあり、純粋そうなSoftware Engineerのポジションに身を置けないかとJob Huntingというのをやると決め、レジュメを作り直したところからは半年、実際に各社に応募をして面接を受けるようになってからは2ヶ月強で辿り着いたオファーで、給料の金額を言われる前に興奮してI Accept!と答えてしまった恥ずかしい僕のサンフランシスコでの就活の話は別途書くことにしたい。全部で20社くらいに応募しただろうか。

 転職ということで、WebPay(厳密には買収元のLINE Payの親会社のLINEの資本関係を僕はよく知らない米法人であるLINE Euro Americas)を8月の上旬に離れ、このことをどうにか発しておきたいと記事の下書きを始めるも、色んなことを詰めたさ過ぎて収拾がついていないので、こちらもいずれ就活のことと前後して出せるようにしたい。

 買収以降は個人的になかなかしんどい期間が続いていたけれど、おかげさまで英語をやらざるを得ない状況と現地基準の給与という特典も付いて随分面白い形で30代を始められたものだと、この機会を貰えたことをありがたく思うに尽きる。