決済好きが見ていたApple Payあるいは、Rebuildのチャプターを付けた話

Rebuild チャプター

miyagawaさんが過去のRebuildの録音のチャプター情報を手作業でつけてくれるボランティアを募集しているということで、かつて話し相手に呼んでもらえた回くらいはと思い立って、65, 65aを聞き直した。

話がごちゃごちゃに絡み合っていたため、促される通り大きなトピックでまとめた程度となったので1.5倍速でざっと聞いただけで大した作業量にはならなかった。

ところで、その中身だ。2014年11月1日の配信ということで、もう3年と数ヶ月前の話となっている。当時は配信後に結構うまく大事なことを説明出来たような気でいたのだが、改めて聞くと何も説明出来ていなくて、miyagawaさんがよくこれを受け止めて進行してくれたものだとがっかりするしかない。

ただ、触れられたトピックはApple Payを中心にStripeや今は亡きWebPay(時間が経っているように書いているけど、さすがにもう無いなんていうのはなかなかショックである)などに触れ、今で言う"フィンテック"のペイメントなパートに終始していたのは、今時間が少し過ぎてから変化を考察する対象として面白いかもしれないとタイプを初めた。

Read more

現地就職してからの1年とその前後

ここ何年か、ベイエリアで遭遇することがちょこちょこある堤さんがサンフランシスコで就職して1年が経ちました - Over&Out その後というのを書いていたのを見た。偶然にも同じような時期にサンフランシスコにある会社に就職していたので、堤さんとお会いした時にたまに示し合わせるのが面白い。プロモートおめでとうございます。何でこの前言ってくれなかったの!

1年前の就職活動

ここに辿り着いた後は「どうにかなるもんやな」というのと「いやはや全然出来ないな」というのを、毎日とか毎週とかの周期で繰り返しているけれど、仕事が決まるまでの間はもっとしんどかった。 妻がちょうど最近Tradecraftというこの辺のスタートアップ野郎を生み出すトレーニングプログラムに応募して、電話面接、オンサイト面接を経ているのを目の前にすると、忘れかけていた当時の感覚が思い出されてくる。

Read more

RubyKaigi 2017にスタッフとして参加した

_DSF1791

2年ぶりにRubyKaigiへ行った。今回もスタッフとして仲間に入れて貰えて、会期から1ヶ月近く経って、ようやく自分の範囲の振り返りは終えた気になれたところ。RubyKaigiの後は新潟で自分の結婚式、その後アメリカに戻ってきてから親族への御礼などで慌ただしかったのが一区切りし、やっと生活も落ち着いてきた。

Read more

世帯での情報共有のしかた

家庭を支える技術 Advent Calendarに寄せて

f:id:hxmasaki:20161219182309j:plain

これは家庭を支える技術 Advent Calendar 2016の12月19日を担当する記事です。

2014年には新たな家庭を持った友人たちが書いているのを眺めていたところから2周遅れで不思議な気持ち。 他の方の記事を伺う限り、参加者層のバイアスがあれど、僕が使っている「家庭を支える技術」というものに該当しそうなツールもデバイスも特に真新しいことはなく、むしろこんなに当たり前な雰囲気でSlackやHueを使っている家庭があるのかと驚く。 どれもこれも全部書いてしまおうと当初は思っていたけれど、ひとつ、情報共有やコミュニケーションについて現状を書くことにした。

Read more
Remove all ads