Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ユーザから代価を得ることをお手伝いしています。

 昨秋よりWebPayに関わっている。
 クラウド系かなーとfluxflexに行った初日に「決済に本腰入れ始める」と聞いた時に呆然としたところから、予想したよりも続いているし予想したよりも面白いものを見つけたと思えるようになっている。

 最近の悩みはクレジットカードの更新時に再審査してもらったものの限度額が10万円だったこと。
 WebPayの検証用にもDiners Clubのカードが欲しいのだけれど、誰一人持てないのではないか。Dinersホルダーのエンジニアの入社が待たれる。

WEB+DB PRESS Vol.76 特集2 Web決済入門

 春先に「決済やってるんですよ」と@inaoさんに挨拶をしたところから、@keikubo, @sowawaと3人で寄稿させて頂くこととなった。

WEB+DB PRESS Vol.76

WEB+DB PRESS Vol.76

  • 作者: 五十嵐啓人,伊野亘輝,近藤宇智朗,渡邊恵太,須藤耕平,中島聡,A-Listers,はまちや2,川添貴生,片山育美,池田拓司,濱崎健吾,佐藤太一,曾川景介,久保渓,門脇恒平,登尾徳誠,伊藤直也,mala,後藤秀宣,若原祥正,奥野幹也,大林源,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2013/08/24
  • メディア: 大型本
  • この商品を含むブログを見る

■特集2
Web決済入門
PayPal、WebPay、iOS/Androidアプリ内決済の導入方法
本特集では、Webサービスやスマートフォンアプリで行う課金についての最新動向を解説します。初めて課金を導入しようと思ったとき、どのような課金手段があり、どれくらいの手数料がかかるのか、どのような事前審査があるのか、どのように実装すればよいのか、セキュリティはどうなっているのかなど、わからないことだらけです。本特集ではこれらの全体像を整理し、クレジットカード、iOS/Androidアプリ内課金、PayPalなどの主な課金方法についての実装ノウハウも解説します。

Amazon.co.jp: WEB+DB PRESS Vol.76: 五十嵐 啓人, 伊野 亘輝, 近藤 宇智朗, 渡邊 恵太, 須藤 耕平, 中島 聡, A-Listers, はまちや2, 川添 貴生, 片山 育美, 池田 拓司, 濱崎 健吾, 佐藤 太一, 曾川 景介, 久保 渓, 門脇 恒平, 登尾 徳誠, 伊藤 直也, mala, 後藤 秀宣, 若原 祥正, 奥野 幹也, 大林 源, WEB+DB PRESS編集部: 本

 日本で決済代行サービスをやっていると、カード会社や資金決済業など外からではよくわからなかった世界が少しずつ見えてきていて、今回の構成はサービス提供者として決済に関わる人には知っておいて欲しいというトピックを集めたものだ。WEBでもDBでもないだろみたいな話も多く含まれているのは正しかったのかどうか不安な限りだ。

 前号のペパボの特集の際のスケジュールを@hsbtさんが書かれていた(しかも、とても素晴らしい進行だった)のを見て脱稿までずっとヒヤヒヤしたり、あまりに見積もりが甘い上、伝えたいことを書き出したら止まらなくて、10ページ以上オーバーした文字数を削り切ったと旅先の札幌で@inaoさんに連絡したら、改ページ等諸々で「ほとんど減っていません」と返ってきて青ざめたりもしたものの何とか形となってひとまずは安心している。

 執筆に係っている約2ヶ月間で、WebPayの中もなかなか変化していて、特にWebPayのサブスクリプションに関する節を書いた直後あたりで、当該機能を削る時は気が動転して鼻水が止まらなくなったこともあった。

 以前クックパッドの特集(vol.66)の時(偶然にも今号の特集1もクックパッドだ)に、数ページ書かせてもらったのとは全く違い、執筆者側の取りまとめを僕がやって@inaoさんとやり取りしながら進めたけれど、@inaoさんの進行管理の巧さに感嘆するばかりだった。これを隔月で何件も同時に回している中でやってくださるのだから接待及び贈答品も送りたくなる。

 他の著者さんほど執筆環境を追求出来ていないが、Githubとmarkdownだけを僕たちは気にすれば良い状況にしてもらえたのが何よりも有り難かった。

よろしくお願いします

 有償のWebサービスをつくるときに、提供者は「自分たちのWebサービスの代価をユーザに求めるということがどういうことか」を考え続けることに集中できるよう、周辺のルールや技術的なこと、何となく中身が不安な仕組み(今回はクレジットカードだけだけれど)を知っておくために本特集へ目を通してもらえたらとても嬉しい。

 「だである」調で書くとやたら偉そうになるのが辛い。(本特集は「ですます」調です)